転職先を探すなら専門の転職支援サービス

園児と先生

園の方針が気に入らなかったり、保育士同士の人間関係がうまくいかなかったり、転職理由は色々ありますが、次に働く職場は自分にあったところを選びたいものです。そして保育士不足は深刻な社会問題にもなっており、売り手市場であっても転職に失敗するする可能性もあります。だから求人を探す時には保育士求人に特化したサイトを選ぶ必要があり、保育士専門の転職支援サービスを利用してみるといいでしょう。保育士専門の転職支援サービスを利用すると非公開の好条件の求人を紹介してもらう事ができ、個人で非公開求人にたどり着くのは難しいです。東京にはたくさんの保育園や幼稚園がありますが、できれば転職先の雰囲気や内部情報は知りたいものなので、転職に成功したいなら転職支援サービスを利用してみるといいでしょう。

雇用形態の種類

園児と先生

保育士の働き方には正社員、派遣、パートで働く事ができ、フリーランスという働き方もありそれぞれにもメリットやデメリットがあります。正社員の保育士は責任のある立場でキャリアを築いていく事ができ、給料や待遇面が最も良いのが正社員になります。家庭の事情などで正社員として働く事が難しい場合には派遣という働き方もあり、派遣は残業も少く派遣会社に登録しておいても損はありません。パートの保育士の場合は正社員のサポートに回る事が多く、働く時間の自由度が高い事がメリットです。パートは正社員のような福利厚生は受けられませんが、家庭と仕事が両立しやすいです。東京ではフリーランスとして働く保育士が増えており、急に欠員が出た時に保育園に出向いたり、ベビーシッターのように個人のお宅に行って保育するのが仕事内容になります。このように保育士にはいくつかの雇用形態があるので、自分に合った求人を探してみましょう。

雇用形態によるお給料の違い

園児と先生

保育士として働くならお給料はできるだけ高い方がいいですが、雇用形態によってお給料が違ってきます。正社員のお給料の相場は月20から30万円で勤務先によっても違いがあり、年収はボーナスを含めて300万円以上が期待できます。派遣の場合には地域によっても異なりますが、900から1200円が相場で時給は高めに設定されていますがボーナスは支給されません。パートも時給になりますが、派遣と比べると時給は低くボーナスの支給もありません。このように雇用形態によってお給料に違いがあり、特に東京で働く保育士は他の地域と比べるとお給料や時給は高めに設定されています。これから保育士の求人を探すなら保育士専門の転職支援サービスを利用して東京の求人を探してみるといいでしょう。